安い値段のクロムハーツには、ニセモノがあるってホントの話?

9月 19th, 2019

クロムハーツほどの有名ブランドになれば、「偽物でもいいから欲しい」という人が大勢いるのも事実。

3万円以上の値段が1万円になっていたら、揺さぶられますよね。

■クロムハーツは他に代えがたい、ピカピカの金メダル。

シルバーアクセサリーで有名になったクロムハーツは、ハリウッド発で世界征服を成し遂げた一流品です。

しかもハリウッド女優や男優にお墨付きをもらっていますから、マガイモノを専門とする業者にとって、これ以上オイシイ獲物はないはずです。

創始者であるリチャードが、いまだにハリウッドに工房を構えていることも、偽物業者にとってはうれしい材料です。

クロムハーツはピカピカに光る輝かしいメダルを2つも3つも手にしている。

露天業者の口上からは、「ハリウッド」、「世界的スター」、「シルバーアクセサリーのレジェンド」、「なのに値段はまたとない格安」といったフレーズがお決まりのように聞かれます。

■ニセモノ売りの露天商にはうれしい格好の舞台、クロムハーツ。

クロムハーツの魅力は深く彫り込んだ陰影感のある作風です。

光を当てるとその影が深みを増し、紋様がくっきり浮かび上がります。

マガイモノを売る商人は、裸電球を照らして売っているのが常ですから、クロムハーツのように陰影感を個性とする作品を良く見せるには格好の舞台なのです。

●関連記事=デジタル化で加速する「偽ブランド」の脅威、損失は130兆円超に |ビジネス+IT

■本物なら30,000円以上はする代物が、驚くような値段で売られている。偽物と知っていて買う人はいます。

クロムハーツは老若男女の別なく、人気がある故にいくらの値段を付けてでも売れる。

偽物とわかっていても買ってくれる。

実は世界の一流ブランドともなれば、マガイモノでも買いたいという人が多いのです。

間違いのないホンモノのクロムハーツを手にしたいなら、正規の代理店に行って買いましょう。