クロムハーツいっぱい特ダネ

三人のバイカーのこだわりが徐々に世界的にも認知され、今やシルバーアクセの王様と呼ばれるまでになった「クロムハーツ」。

RSS 2.0

インディースピリットにあふれるクロムハーツ

シルバーアクセの王様とも言われている「クロムハーツ」。

元々は男性に人気のアクセサリーブランドでしたが、近年では女性にもその人気が徐々に広まっているのだとか…。

また、熱狂的なファンやコレクターも多いブランドで、世界中の有名人、セレブに愛用されています。

クロムハーツはアメリカで誕生したブランドで、現在でもデザイナー兼オーナーであるリチャード・スタークと、革のセールスマンだったジョン・バウマン、そして彫銀職人のレナード・カムホートの三名によって立ち上げられました。

三人共バイカーであったため、当初はバイク用のレザーアイテムから製作・販売し、こだわりのアイテムが口コミで評判を呼ぶようになり、次第にクロムハーツはその名を広く知られるようになりました。

つまり、よくある世界的なセレブブランドなんかとは異なり、自分たちのこだわりが仲間内で広がり徐々に評価されたことによって、有名ブランドとしてのクロムハーツの現在の確固とした地位は確立されたのです。

そんなインディースピリットあふれる歴史も、ある意味クロムハーツならではの魅力といえると思います。